Manjaro Linux JP

Manjaro Linux とは

Manjaro Linuxはx86_64系またはarm系プロセッサーのパソコンで動くLinux OSです。

インターネットのサイトを閲覧するためのブラウザや表計算などのオフィス向けソフト、映像編集ソフトなど、いろんなソフトが動きます。

Manjaro-jpは、標準で日本語環境を整えることを目指して、いろいろと調整しています。
USBディスクなどから、起動するライブISO環境兼インストーラーを用意しています。
もしよかったら、お試しください。

Linuxには、いろんなディストリビューションといわれるものがありますが、プログラムのソースが公開されているものが多く、また互換性を保つ努力が継続されています。
またディストリビューションを超えて、アプリケーションを配布する仕組みとして、FlatpakSnapsといった仕組みが作られてきました。Manjaro LinuxもFlatpakとSnapsにも対応していますので、他のLinuxディストリビューションと同じように、いろんなアプリケーションが動作可能です。
多くのディストリビューションが存在するのは、デスクトップ環境の差異だったり、OSの更新作業のための保守部分やセキュリティ対策をどうするか、といった部分で、ポリシーだったり、やり方が異なるからです。
ただ、基本的には同じアプリケーションが動作する場合がほとんどなので、一般のユーザーには、あまり関係ないことです。自分が使いやすい、ユーザーが多そうなものを選べば大丈夫だと思います。

なおManjaro LinuxはArm系プロセッサーにも対応していますが、その日本語対応は、サーバーもパソコンも手元に持っていないため、検証が難しいので、未対応です。x86_64系のパソコンでご利用ください。


Manjaro Linux の日本語対応

 ライブ環境も含めたデフォルトでの日本語入力および日本語表示に対応します。
kernel-6.8系

公式に合わせて、KDE、Xfce、GNOMEの3種類を用意する予定です。
配布ファイルはISOと一部パッケージファイルです。
USBメモリなどから起動してください。
USBメモリからの起動は、Ventoyを使うと楽かもしれません。
Ventoyの導入時に最初のパーティションをext4でフォーマットし直すのがお勧めです。


Ventoyのインストールについて

Manjaro LinuxでventoyをUSBにインストールする場合の手順

sudo pacman -S ventoy
ventoygui

Linux全般
ダウンロードコマンドがaria2の場合の例

aria2c -c https://github.com/ventoy/Ventoy/releases/download/v1.0.97/ventoy-1.0.97-linux.tar.gz
tar xf ventoy-1.0.97-linux.tar.gz
cd ventoy-1.0.97
./VentoyGUI.x86_64 

Windowsの場合
ブラウザなどでVentoyダウンロードします。 ダウンロードしたzipファイルを開いて、ventoy2disk.exeを実行しましょう。


Manjaro-JPの主な特徴

Linuxカーネルは、なるべく最新のものを採用します。
またカーネルのビルドにはclangを用います。
日本語入力(Mozc)、日本語フォントを標準インストールします。
標準ブラウザとして、Floorpを採用します。
オフィスソフトとしてLibreOfficeを標準インストールします。
pacman-staticパッケージを標準導入しています。ライブラリの不整合によって、パッケージ更新が困難になった場合に、ご利用ください。

sudo pacman-static -Syyu
注意事項
  1. セキュアブートには非対応
    インストーラーが対応していませんので、BIOSの設定でセキュアブートを無効にしてご利用ください。
    インストール後、対応することは可能です。
    Manjaro Linuxでセキュアブート(secure boot)(shim-singed)
    Manjaro Linuxでセキュアブート(secure boot)(efitools)
    (セキュアブート対応を望む場合、Ubuntuは簡単です。Ubuntu flavoursでデスクトップ環境も複数提供されています。日本語対応も簡単です。)
  1. ISOから起動したライブ環境ではsnapアプリケーションのインストールは停止されています。
    インストール後の環境では有効になりますが、どうしても試したい場合には手動で有効化できます。
sudo systemctl start snapd.service
  1. インストール途中でインストーラー画面が消える場合には
    swapパーティションを手動で設定することで、回避できる場合が多いです。
    swapパーティションを/dev/sdXとした場合、次のようなコマンドで手動でswapを有効にしてみてください。
sudo mkswap /dev/sdX
sudo swapon /dev/sdX
# swapが有効ではない場合、lsblkでデバイスを調べて、swapパーティションを有効にします。
[[ $(swapon --show) == "" ]] &&  SWAP=$(lsblk -l -f -n -p | awk '{if ($2=="swap") print $1}') && ( sudo swapon $SWAP || (sudo mkswap $SWAP && sudo swapon $SWAP) )

また次のコマンドで、OOM killer(強制終了)の対象外を指定しておきましょう。

pidof -xw calamares_polkit | xargs -n1 sudo choom -n -1000 -p
  1. 一部アプリで日本語入力ができない場合
    古い設定が残っていて、gtk-im-moduleになにか設定されている場合、一部アプリで入力できないケースがあるようです。
gsettings get org.gnome.desktop.interface gtk-im-module

このコマンドでgtk-im-context-simpleなどが表示されたら、次のコマンドで設定を消しましょう。

gsettings set org.gnome.desktop.interface gtk-im-module ''
  1. Manjaro公式とのkernelの違い
    kererl-6.6系がManjaro公式のisoでは採用されていますが、ここで配布しているisoはなるべく新しいkernelを採用しています。現在はkernel-6.8系です。
    kernelおよびkernelモジュールのビルドにgccではなくclangを使用しています。
    またkernelのrust対応も有効にしています。
    Manjaro公式のkernelを利用したい場合には、下記コマンドのようにレポジトリcoreを指定してインストールしてください。
sudo pacman -S core/linux66 core/linux66-headers

配布場所

ライブ環境&インストール用のISOを下記の配布先で公開しています。
よかったら、お試しください。

SourceForge
pCloud
MEGA
Terabox
Google Drive

貴重な、ストレージをありがとうございます。
上記にて配布しています。

Teraboxでは、ファイルサイズ4G以上は、コストがかかるので、分割形式でアップロードしています。ダウンロードした後に、一つのファイルにまとめてから、ご利用ください。Mac,iosではkeka,Windowsでは7-zipが操作がわかりやすいようです。

MEGA Storageは、ファイルサイズ4G以上のものもアップロードできるので、お勧めです。
pCloudも4G以上のサイズも大丈夫です。生涯買い切りタイプのプランがあるクラウドストレージです。

コマンドラインで、MEGA Storageからダウンロードする場合、megatoolsが便利です。

sudo pacman -S megatools
megatools dl --choose-files https://mega.nz/folder/YOVmSaxD#JUuILxlHAM9bdyx3DKLD0A

参考:導入ガイド

Manjaro Linux 最初の一歩
Manjaro Linux 日本語ライブ環境


備忘録

manjaro-tools-isoの変更箇所
  1. buildisoに用いるパッケージの取得先をmirrorlistの先頭行を標準にしています。
    デフォルトではミラーリストを読み込まず、EUのサーバーが使われる。
  2. 自分が用意したパッケージを優先的にISOに含めるために、user-repos.confで指定したレポジトリの順位を優先させています。
    主にkernelの最新版を含めるためです。

更新履歴

これまでの歩み
20220401

kernel-5.17.1 (clangビルド)
linux517-broadcom-wl,linux517-zfsパッケージもビルドして追加しました。
broadcom-wl-dkmsパッケージの修正内容などは、gitlabPackagesフォルダをご参照ください。

20220408

標準のブラウザをVivaldiのみにしました。
もちろん他のブラウザにも自由に変更できます。
ライブ環境のブート時のGRUBの初期値を日本向けにしました。

20220411

パッケージ更新の不具合修正。
日本語フォントの追加。
Morisawa Inc. 様SIL OFLライセンスのもとに公開してくださったMorisawa BIZ UDフォントのMorisawa BIZ UD明朝Morisawa BIZ UDゴシックをプリインストールしました。
Githubで公開されているフォントをそのまま収録したものです。ライセンスファイルなども同梱しています。(自分でもビルドしましたが、バイナリに差異はありませんでした。) 詳しくは上記の本家サイトやGithubの文書をご確認ください。
Morisawa BIZ+ フォントを応援しましょう。

20220413

AURにMorisawa BIZ UDフォントパッケージを登録しました。

20220414

kernel-5.17.3 に更新しました。

20220421

kernel-5.17.4に更新しました。

20220422

日本語入力をfcitx5-mozcに変更しました。

20220424

日本語キーボードとMozcを標準で有効にしました。

20220428

kernel-5.17.5

20220510

kernel-5.17.6

20220513

デスクトップ環境のGNOMEがGNOME42に更新されました。

20220517

kernel-5.17.8

20220519

kernel-5.17.9

20220526

kernel-5.17.11

20220527

nvidiaドライバのバージョンを515.43.04に更新。 kernel-5.18系を追加。

20220531

kernel-5.17.12 kernel-5.18.1

20220607

kernel-5.17.13 kernel-5.18.2

20220608

オフィスソフト関連の変更
インストーラーでのオフィスソフトの選択をなくしました。
主に容量を減らすために、インストーラーでのオフィスソフトの選択をなくし、標準インストールするオフィスソフトをonlyoffice-desktopeditorからlibreoffice-freshに変更しました。

20220611

kernel-5.17.14
kernel-5.18.3
nvidiaドライバのバージョンを515.48.07に更新。
virtualbox-host-dkmsをlinux518でビルドできるように修正。
manjaro-jpリポジトリをpacman.confに含めました。

20220614

インストーラーのバグ修正。
GNOME版においてエディタをgeditからgnome-text-editorへ変更しました。

20220619

kernel-5.18.5

20220624

kernel-5.18.6
オーディオ関係のmanjaro-pulseをmanjaro-pipewireに切り替えました。

20220627

kernel-5.18.7

20220630

kernel-5.18.8
nvidia-utils 515.57

20220703

kernel-5.18.9

20220706

cups-browsedを有効にしました。
ipp-usbパッケージを追加しました。

20220709

kernel-5.18.10

20220714

kernel-5.18.11

20220716

kernel-5.18.12

20220725

kernel-5.18.14

20220731

kernel-5.18.15

20220805

kernel-5.18.16
nvidia-utils 515.65

20220812

kernel-5.18.17

20220819

kernel-5.18.18

20220823

kernel-5.18.19

20220827

kernel-5.19.4

20220902

kernel-5.19.6

20220907

kernel-5.19.7

20220910

kernel-5.19.8

20220917

kernel-5.19.9

20220922

kernel-5.19.10

20220925

kernel-5.19.11
nvidia-utils 515.76

20221003

kernel-5.19.12

20221006

kernel-5.19.14

20221013

kernel-5.19.15
nvidia-utils 520.56.06

20221016

kernel-5.19.16
nvidia-utils 520.56.06-2

20221025

kernel-6.0.3
標準ブラウザをFloorpに変更しました。

20221105

kernel-6.0.7
mkinitcpio-32-2

20221112

標準ブラウザとして、flatpak版FirefoxまたはFloorpを採用します。
kernel-6.0.8

20221118

kernel-6.0.9

20221128

kernel-6.0.10
LibreOfficeをflatpak版に変更しました。
fcitx5の初期設定のキーボードを日本語(かな 86)に変更しました。
gnome-terminalの初期フォントをFirgeNerd Consoleに変更しました。
下記フォントをプリインストールしました。
Firge: Fira Mono と源真ゴシックを合成したプログラミングフォント Firge (ファージ)
HackGen: Hack と源柔ゴシックを合成したプログラミングフォント 白源 (はくげん/HackGen)

20221206

kernel-6.0.11

20221210

kernel-6.0.12

20221215

kernel-6.0.13

20221220

kernel-6.0.14

20221224

kernel-6.0.15

20230101

kernel-6.1.2

20230107

kernel-6.1.3
nvidia-utils 525.78.01

20230108

kernel-6.1.4

20230113

kernel-6.1.5

20230116

kernel-6.1.6

20230120

kernel-6.1.7
nvidia-utils 525.85.05

20230127

manjaro-release 22.0.1
kernel-6.1.8
nvidia-utils 525.85.05

20230204

manjaro-release 22.0.2
kernel-6.1.9

20230210

kernel-6.1.11
nvidia-utils 525.89.02
Manjaro-jpのレポジトリURLを変更しました。
(OSDNからOSDN Webへ。一時的なものになるかもしれません。)
ISOファイルは、SourceForgeで配布します。
Calamaresインストーラーに若干手を加えました。
(高負荷時にインストーラーが強制終了するケースを減らします。)

20230214

manjaro-release 22.0.3

20230217

kernel-6.1.12

20230223

manjaro-release 22.0.4
kernel-6.2

20230227

kernel-6.2.1
zram-generator

20230304

kernel-6.2.2

20230306

sway

20230315

kernel-6.2.6
fcitx5-mozc-with-jp-dict

20230318

manjaro-release 22.0.5
kernel-6.2.7

sudo pacman-static -S core/curl
20230324

kernel-6.2.8

20230401

kernel-6.2.9

20230407

kernel-6.2.10

20230414

kernel-6.2.11

20230422

kernel-6.2.12

20230427

kernel-6.2.13

20230503

kernel-6.2.14

20230513

kernel-6.2.15

20230518

kernel-6.2.16

20230525

kernel-6.1.30

20230607

kernel-6.1.32

20230611

kernel-6.3.7

20230615

kernel-6.3.8
nvidia-utils-535.54.03

20230622

kernel-6.3.9

20230628

kernel-6.4.0
インストーラが起動しない不具合を修正し、再アップロードしました。

20230629

nvidia-470xx-utils-470.199.02-2

20230703

kernel-6.4.1

20230707

kernel-6.4.2

20230712

kernel-6.4.3

20230720

kernel-6.4.4

20230721

manjaro-jpの署名鍵をインストールするパッケージを用意しました。
manjaro-jpの署名鍵が原因のエラーが発生した場合には、次のコマンドで対処してみてください。

sudo pacman-key --populate manjaro_jp
sudo pacman -Sy
20230724

kernel-6.4.5

20230725

kernel-6.4.6

20230728

kernel-6.4.7

20230729

ソフトウェアの追加と削除(pamac update)を実行すると、署名付きのデータベースを提供しているレポジトリで、署名ファイルの更新がうまく動作しない問題がありました。
その解決のためpacmanパッケージを微調整しました。

20230731

先に行ったpacmanパッケージの修正とあわせて、署名鍵の不整合によるエラーが起きるケースがなくなったのでは、と思います。
それでも、もしもエラーが起きる場合には、次の手順を試してみてください。

署名鍵データベースの初期化

sudo pacman-key --init
sudo pacman-key --populate

パッケージ情報を再読込

sudo pacman -Syy
sudo pacman -Fyy
20230805
20230813

kernel-6.4.10

20230817

kernel-6.4.11

20230824

kernel-6.4.12

20230825

LibreOffie 7.6.0

20230831

kernel-6.4.13

20230903

kernel-6.4.14

20230907

kernel-6.4.15

20230914

kernel-6.4.16

20230925

kernel-6.5.5

20230928

libreoffice 7.6.2.1(flatpak)

20231008

kernel-6.5.6
glibc 2.38-5

20231010

glibc 2.38-7

20231012

kernel-6.5.7

20231023

kernel-6.5.8

20231027

kernel-6.5.9

20231103

kernel-6.5.10
ibus-mozc-with-jp-dict

20231110

kernel-6.6.1

20231121

kernel-6.6.2

manjaro-jpのデータベースの署名をなくしました。パッケージのみ署名ありにします。
pamacで署名のエラーが発生する場合には、次のコマンドを試してください。

sudo rm /var/tmp/pamac/dbs/sync/manjaro-jp*sig
sudo rm /var/lib/pacman/sync/manjaro-jp*sig
sudo pacman-key --populate
sudo pacman -Syy
20231201

kernel-6.6.3

20231204

kernel-6.6.4

20231215

kernel-6.6.7

20240107

kernel-6.6.10

20240113

kernel-6.7

20240127

kernel-6.7.2

20240206

kernel-6.7.4

20240218

kernel-6.7.5

20240225

kernel-6.7.6

20240303

kernel-6.7.8

20240307

kernel-6.7.9

20240316

kernel-6.7.10

20240325

kernel-6.8.1

20240328

kernel-6.8.2

20240330

xz 5.6.1-2

20240404

kernel-6.8.3

20240405

kernel-6.8.4


おすすめ映像編集ソフト

Linux系OSで動きます。
DaVinci Resolve 18 | Blackmagic Design
無料版でも十分、使えます。
有料版のStudioだと、より便利な機能が使えます。


その他のおすすめOS
Ubuntu
Ubuntu flavours | Ubuntu

Linux Mint
MX Linux

EndeavourOS

openSUSE Leap Micro

BigLinux


Manjaroレポジトリミラー試験稼働中

## Country : Japan
Server = https://mirror.phoepsilonix.love/manjaro/stable/$repo/$arch

[manjaro-jp]
SigLevel = PackageRequired
Server = https://manjaro-jp.phoepsilonix.love/manjaro-jp/
#Server = https://manjaro-jp.sourceforge.io/manjaro-jp/

Manjaro-JP at gitlab
Manjaro-JP at github
Manjaro-JP at sf
(GPG signing public key:57B49CC5AA4F00FC) <phoepsilonix あっと phoepsilonix どっと love>


この活動へのご支援を歓迎します。

Square
ofuse
give me OniGiri

BTC
3B6u3pzaeyB2YrDcXWDfGE7pHxx2xuu9KQ

ETH(main net)
0xba50bb991196151b0870e4ea00a518552134c47d